2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

えび上がり



小学5年生のとき、 えび上がり がナカナカできなくて必死で練習した。

放課後も残って、友達に手伝ってもらいながら、一所懸命練習した。
できるようになるには背筋や腕の力がそれなりに必要。 →えび上がり(おまけ)

ナカナカ上がれないから、頭に血が上って、顔は真っ赤になるわ、クラクラするわ・・・

放課後、暗くなるまでずっと練習していた。
誰に指示された訳でなし、落第とかがある訳でもないのに・・・・



ただ、やれるようになりたかった。
みんなのように、 ヒョイ ってかっこよくやってみたかった。

何回失敗しようが、マメができようが、アザができようが、
めまいがしようが、吐きそうになろうが・・・

今、私の奥のほうにある想いも、えび上がりのようなものなのかもしれない。

ただ、やってみたい・・・・

理由なんていくらでも付けれるけれど、結局のところ、
やってみたいのだな・・・・

やることを考えると、
心のずっと奥の方がよろこぶ
心の表面には恐怖や葛藤が走る

でも、やってみたいのだろう。

何回失敗しようが、マメができようが、アザができようが、
めまいがしようが、吐きそうになろうが(笑)

たぶんできるまで何度もトライするのだろう。

気の遠くなるような長~いスパンをかけて。

背筋が弱いと知って、何回かの人生をその補強のために使ってきたのかもしれない・・・
腕の筋肉を鍛えることを中心においた人生もあったかもしれない。
体育以外の教科だってあるから、別のことばかりやった人生もあったかもしれない。

放課後の時間も、今の生を越えた長いスパンの時間も
やっていることは似たようなことなのかもしれない。

ただ、やってみたい・・・・
だって、やれたらきっと嬉しいから・・・・



<<6月12日(火) ダイアナの突然企画 | Top | ダイアナ来福 追加>>



恐怖とかって、知らないものに直面するときなど、あって当たり前のように思います。

ただ、その恐怖の中身を覗いていくと、自分の癒されていない部分や、越えるべきものが見えてきたり、思い込みのパターンが見えてきたり・・・・・

上手に恐怖との付き合っていくのって大切ですよね。

「わからない~」
と言いながらも根気強く探索するのも私たちの仕事なんでしょうね^^
2007/06/09 09:12 URL by Kanae [ 編集] Pagetop△
>やることを考えると、
心のずっと奥の方がよろこぶ
心の表面には恐怖や葛藤が走る

Kanaeさんも、恐怖や葛藤を感じられるのですね。
皆、そうなのでしょうね。
悩んでいたら、迷っていたら、
ただ「私だけ」って感じがしますが。

今、自己に向き合いつつも・・・・
「もぉぉぉ~~何が何だか、分からない~~」状態です。

やりたい事が、「ポッ」と浮かぶのですが、
現実的ではない、というか、
本当にそれがやりたいのか、
今、見極めているところです。

まぁ、
時が来れば、自ずと分かるかな?!
2007/06/06 17:30 URL by けんとん [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://healinglyre.blog18.fc2.com/tb.php/171-0c695226
» FC2blog user only
| Top |