2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

古代のロマン

skyfromsmoky

ルーヴル美術館所蔵「古代エジプト展」を見てきました。

内側にも外側にも美しい彫刻を施されているジェドホルの石棺などはため息モノでした。

展示品は石灰岩よりも花崗岩のものが多く、なんとなく私のエジプトのイメージとは違う面を発見した気分でした。

それにしても、古代のものに出会う時というのは、いつも魂の遠い記憶にアクセスできそうな、まるで自分もその時代にいたことがあるような気がして、気の遠くなるような時間の流れとロマンを感じるのは、私だけではないですよね^^

美しい宝飾品たちには金、銀や宝石が巧みに使われ、とても3千年も4千年も前のものとは思えないものもありました。多くの装飾品は護符、お守りの意味合いが強かったようで、当時の人々は現代人よりも敏感に、鉱物たちのエネルギーを感じとり、親しんでいたのかもしれないなぁ~と、想いは過去へと飛んでおりました。

写真:
このところお気に入りのスモーキークウォーツ(下)
スモーキーちゃんから覗いた空(上)

 



<<あまのがわ | Top | アクティブメディテーション2>>



鉱物も植物も、人間とともに歩んできたんだな・・・・って思います。
そして今、再び共同作業が必要なとき・・・・
というか、人間がやっとそこに戻ってきつつあるのかもしれないですね。
2007/11/07 17:22 URL by Kanae [ 編集] Pagetop△
古代の人は、石さんやその他の色々な品々の最も効率の良い使い方を知っていたのかもしれません。
一度、本物の副葬品の“翡翠の勾玉”を拝見する機会がありました。
触っていると、何故だかとても眠くなるんです。
その時思ったんですが、この勾玉は被葬者が本当に心から安らかに“眠る為”に入れられた物なんじゃないかな?って。

スモーキークオーツから見える空は素敵ですね!
2007/11/05 17:16 URL by kaori [ 編集] Pagetop△
ありがとうございます。












管理者のみ閲覧可能にする



Trackback
Trackback URL
» http://healinglyre.blog18.fc2.com/tb.php/6-4c0d6a0b
» FC2blog user only
| Top |